ハートケア市川のリハビリ科の特色

特色2:在宅復帰・在宅支援のリハビリに力を入れています

 当施設の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が、ご利用者様の心身の能力や状態を評価し、各々の目的(在宅復帰、身体機能・生活動作の維持・向上、転倒の無い安全な生活など)に応じて、お一人お一人に適した内容のリハビリを個別に実施しています。
 入所・通所・訪問リハビリ、いずれも自宅内の環境を踏まえ、在宅復帰やその後の在宅生活が長く続けられるように、皆で協力して支援しています。
 またリハビリの負のイメージ(ツラい・痛い・苦しいなど)から脱却し、痛くない、楽しいなど、ご利用者様の潜在能力や笑顔を引き出すリハビリを目指しています。

【リハビリ内容】(※代表例)
◆手足・腰のストレッチ(柔軟性の維持・痛みの緩和)
◆簡単な体操・筋力トレーニング(棒体操・重りなど)
◆パワーリハビリ・チューブトレーニング・自転車エルゴメーター
 (機器や道具を用いた筋力・持久力のトレーニング)
◆バランス訓練(転倒予防)
◆基本動作訓練(起き上がり・立ち上がり・移乗など)
◆歩行訓練 (平行棒、手すり、手引き、杖、屋外など)
◆段差昇降訓練(玄関などの段差、階段など)
◆生活動作訓練(食事、トイレなどの日常生活動作)
◆粗大運動・レクリエーション(風船バレー、キャッチボールなど)
◆作業活動・アクティビティ(集団・個別にて作品作り)
◆認知症リハビリ(くもん学習療法、作業課題など)
◆言語訓練(カード呼称、発声訓練、口唇・舌の運動等)
◆嚥下訓練(口腔マッサージ、食形態・とろみの調整など)
◆温熱療法(ホットパックで痛みの緩和を)
◆自宅内の環境設定(安全でご本人の力が引き出せる環境設定)
◆歩行補助具(杖・歩行器など)や福祉用具(靴など)の選定
◆ご家族への介助指導(負担の少ない介助のために) など 
足のストレッチ
足のストレッチ
パワーリハビリ
パワーリハビリ
チューブトレーニング
チューブトレーニング
屋外歩行訓練
屋外歩行訓練
  • 訪問リハビリ
    訪問リハビリ
  • STによる言語訓練
    STによる言語訓練
  • 小集団での作業活動
    小集団での作業活動

ページトップへ

Copyright(c) 2013 Heart Care Ichikawa. All Rights Reserved.